×

CATEGORY

HOME»  Men's CATEGORY»  REDWING 9203 GARAGEMAN

REDWING 9203 GARAGEMAN

レッドウィングから9203ガレージマンの入荷です。
T型フォードやシボレー490といった、リーズナブルな大衆車が大量に生産されるようになり、1920年代以降、アメリカのモーターリゼーションが始まった。
各都市間には幹線道路が整備され、広大なUSハイウェイ網が出来上がり、人々の移動手段が鉄道から車へと移行した。
1950年代にはインターステートも整備され、各州をつなぐ道路が本格的に整備されるようになった。
この頃のアメリカの少年たちにとって、愛車を自分の手で整備して乗り回す事は大人への通過儀礼の様なものであった。
そして、車に夢中になった若者達の中には、そのまま優秀な自動車修理工、『オート・メカニック』となっていく者もいた。
現代では、車の制御にコンピューターが組み込まれ、車の修理には様々な知識と高額なツールが必要となり、ユーザー自身が車を修理することは難しくなっている。
そのため、かつて『オート・メカニック』と呼ばれていた自動車修理工は、コンピューターを駆使しながら修理することから『オート・テクニシャン』と呼ばれるようになった。
レッドウィングのガレージマンは、自動車修理工がまだ『オート・メカニック』と呼ばれていた頃、少年たちが情熱をもって愛車を整備していた頃のワークシューズ。
自動車の修理作業は主に屋内で行われ、しばしばクリーパーと呼ばれる台車の上に仰向けに横たわり、足の力で車の下に体を潜り込ませることがあるため、ブーツよりも足首回りを締め付けないオックスフォードが愛用されていた。
ソールには油で汚れた作業フロアに適したオイルレジスタントの素材が使われている。
また、履き心地も考慮され、クッション素材でもあるネオプレーン・クッションソールを採用。
ソールとヒールが一体成型で作られたこのソールは釘を使用しないで底付けされるため、軽量で足あたりが良い靴が出来上がる。
Madeira"Chaparral"
シャパラルレザーは強い光沢が特徴のコレクテッドグレインレザー。革の表面を均一でなめらかなものにするため、銀面をサンドペーパーで擦り、その表面に合成樹脂等を塗装して仕上げた革。
水や汚れに強く、硬質感のあるこの革は主にユニフォームシューズやサービスシューズに使用される。

 

  • REDWING 9203 GARAGEMAN

  • 販売価格

    39,960円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • 在庫を確認する

    在庫あり

  • カラー、サイズ

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品